2024ウナギネマvol.4『LIGHT UP NIPPON -日本を照らした奇跡の花火-』


「ウナギネマ〜ソーシャルシネマ倶楽部」はソーシャルシネマのみを上映する映画館です。
「地球温暖化」「男女平等」「フードロス」「持続可能な社会づくり」etc.
社会課題を描いた作品を毎月上映しています。

2024年度第4回の上映作品は『LIGHT UP NIPPON 〜日本を照らした奇跡の花火〜』

東北を、日本を、花火で、元気に。
東日本大震災から5ヶ月後の8月11日、23400発の奇跡の花火が打ち上がった。
東北を元気づけるために立ち上がった男たちの情熱と真実のストーリー。 

◎予告編はこちら
https://youtu.be/i7FSLO5cwt0?si=trMIGputUGuNAwdp

2024ウナギネマ第4回『LIGHT UP NIPPON 〜日本を照らした奇跡の花火〜』(上映時間99分)
①7月25日(木)10:00〜
②7月25日(木)15:00〜
③7月26日(金)10:00〜
④7月26日(金)15:00〜
⑤7月26日(金)19:00〜 ※映画de交流会開催
⑥7月27日(土)10:00〜
⑦7月27日(土)15:00〜
※飲食物の持ち込みは自由です。

鑑賞料金:1000円(高校生以下は無料)

会場:交流拠点あかりかたり(福岡県柳川市旭町55-1)※古民家の一室でのDVD上映です。

☆予約不要ですので、お気軽にご参加ください。

東日本大震災の津波で被害を受けた、東北沿岸の町 複数個所で、8月11日 19時より、鎮魂と復興の祈りを込めた花火を、一斉に打ち上げます。
みなさんの想いを花火に込めて、たくさんの花火を東北の空に打ち上げましょう。
東北でがんばっているみんなの笑顔が、日本中を明るく照らすと信じて。

たくさんの人の想い、祈り、希望、夢が詰まった奇跡の花火が、スクリーンに打ち上がる。

ナレーションは女優の黒木瞳が担当。
テーマ曲と音楽には坂本龍一が参加。

2011年3月11日に起きた東日本大震災。
未曾有の地震と津波による膨大な被害を目の前に、日本中の誰もが下を向き、
これから日本がどうなっていくのか不安を抱いていた時、ひたすら上を向いて歩き続けた男がいた。
絶対に不可能と思われた、東北太平洋沿岸部10ヶ所での花火同時打ち上げ。
それを可能にしたのは、たった一人の男の情熱と、「いつまでも下を向いていられない」と立ち上がった現地の人々の生きる力だった。
密着900時間の映像をもとに描かれる、情熱と真実のドキュメンタリー。

主催:
一般社団法人SDGs未来ラボ(http://sdgsmirai.com/
共催:
柳川SDGsブースタークラブ(https://www.facebook.com/profile.php?id=100023993415002